袋帯の種類とお値段の相場について

袋帯は、着物を着る時の帯としてはフォーマルな帯とされ、織り帯が一般的になります。表地と裏地の2枚の記事を縫い合わせて袋状に仕立てられています。帯の前型は丸帯で、裏、表ともに同じ生地で通常の倍の幅の帯地を、二つ折りにして片側を縫い合わせ仕立てたものになります。現在使われている帯の中では一番格の高い帯です。合わせる着物も礼服として、振袖、留めそで、訪問着、付け下げなどに使います。帯の柄によって、お祝い用からおしゃれ用まで多くのものがありますが、お祝い用に使われるものには、主に二重太鼓や振袖用の変わり結びに用いられます。二十太鼓は、太鼓部分が二重に重なるので、喜びが重なるように、という願いを込めて、お祝いの席で結びます。帯は、着る着物によって種類も違ってきます。

袋帯の種類と合わせる着物について

同じ袋帯でも合わせる着物によって、種類が違ってきます。礼服用の着物に合わせる場合は、箔をふんだんに織り込んだものや、吉祥模様などの重厚なものが礼服用になります。振袖用の着物に合わせる場合は、華やかでボリュームのあるものになります。振袖の場合は、変わり結びをするので、長さのある帯を選びます。礼服用ではなくても、正装として茶会やパーティーに着る着物の場合は、少し高級感のあるものを合わせます。普段着の位置づけとされている小紋などの着物の場合は、簡単な柄付けのものを合わせます。おしゃれ着の着物の場合は、礼装用ではなく遊び心のものを合わせます。また、しゃれ味のある、おしゃれ着の着物に合わせる場合でも、錦織りの帯や紬織りの帯によって、微妙に合う着物も変わってきます。

袋帯を購入する場合の相場について

着物にも値段がピンキリであるように、帯にも値段がさまざまあります。ただし、帯は着物に合わせるため、着る着物によって合わせる帯の格もかわり、相場も違ってきます。礼服用の着物に合わせる場合、着物もそれなりの格のものを着たりするので、帯も高級感のあるものを選んだりするので、値段も帯の中では高めになったりまします。おしゃれ着用の着物に合わせる場合は、着物も軽めのものだったりするので、帯も礼服用の帯に比べたら、安い値段で購入できたりします。もちろん帯にも、西陣織りなどのブランドや職人の手織りなど、さまざまな付加価値によっても値段が変わってきます。帯は、値段が高ければ良いというわけでなく、合わせる着物との格に合っていないと、どんなに良い帯を付けていても意味がありません。

返品無料(5000円以上で送料無料!)安心してご購入いただけます! 当社はきもの部門でもネットショップナンバーワンを目指し、すべてのきものファンのお客様に満足していただける品揃えを目指します。 お仕立て・加工のご依頼は、商品のご注文日より1年以内でお願いしております。 日本最大級の「着物」インターネット通販サイトです。 袋帯の種類が豊富な京都きもの市場