住宅ローンを比較

人生最大の買い物とも言われるマイホーム購入。
日本で家を購入するとなると、場所にもよりますが、土地と建物合わせて大体3000万円から5000万円もの費用が必要になります。
勿論一括でこれほどの費用を捻出するのは一般人には不可能です。
したがって大よその方が銀行から融資を受けることになります。
これは何も日本に限ったことではありません。
海外に家を建てる場合にも同様で、現地にある銀行と相談して融資を受けることになります。


しかし、日本と海外では融資を受ける際、金利に違いが出てきます。
日本にある銀行の住宅ローンを組むと、金利はおよそ3%程度かそれ未満の超低金利で融資を受けることが可能です。
それと比べ、海外にある銀行から融資を受けるとなると、およそ5%程度の金利を取られてしまうことになります。


日本と海外で金利に差ができてしまうのには、景気の動向に起因しております。
昨今不景気が続く日本では低金利政策が採られています。
国民の消費が冷え込んでしまうと景気が悪くなってしまうというメカニズムが解明されていますので、これを改善するために打ち出されたのがこの低金利政策です。
金利を低くし、企業や国民がお金を借りやすい環境を整えてあげることで、消費の冷え込みを防ごうという狙いがあるのです。
そのため、日本では海外と比較すると安い金利で融資を受けることが可能になっているのです。
日本の景気が良くなってくれば消費が確保されますので、金利は海外銀行並になってくることが予想されます。


当サイトでは海外の住宅ローンについて説明します。

Copyright © 2014 海外の住宅ローン All Rights Reserved.