年齢に応じた袋帯の種類の選び方

女性も年齢を重ねることで、慶事への出席が多くなる時期でもあります。その席に着物で出席する場合、礼装として袋帯を結ぶことが一般的です。袋帯は大正末期の名古屋帯と同時期に締められていたという説と、昭和のはじめころに、丸帯が重くて絞め難いことから提案されて次第に広まったという説があります。もとは花街の花柳界で使われていた帯でしたが、改良されたことで礼装用という意識が強調されていきます。この帯びは名古屋帯と比べると長めに作られ、長さは約430mからとなっています。なぜなら、礼装用に作られた帯びのために、「二重太鼓」を締められる長さというのが基本となっているためにです。二重太鼓は披露宴など、慶事のおめでたいことが重なるように・続くようにという意味が込められています。

礼装に用いられる袋帯の種類は1つではありません

二重太鼓を結べるように考案されているので、礼装・フォーマル用では金糸を豪華に使用して織られ、おめでたい席に出席するため、吉祥模様が多く使われています。特に主流となっているのが西陣織で、黒留袖や色留袖・吉祥模様の訪問着や留袖などに締めます。振袖用の種類には、礼装でありながら振袖に向いている帯があります。振袖限定というわけではありませんが、礼装用よりも色が艶やかで、模様も花などの丸みのあるかわいらしいものが多く使われています。礼装だけでなく、街着などに締められる種類の軽めの柄が織られた帯があります。金糸はほとんど使われずに、模様も幾何学模様や現代柄などが使われ遊び心を感じさせます。この帯びには着物も普段着と位置づけられ、紬や小紋などを用います。

年齢に合った帯の使い方のポイントは

袋帯は慶事のおめでたい場面に出席するため、二重太鼓を結べるように考案されています。その為に、手先とタレから胴回りの1周分まで、模様がきちんと見える六通柄でつくられています。仕立てかたもいくつか種類があり、縫い袋仕立て、片縫い仕立て、本袋仕立てなどがあります。年齢によって立場が変わってくるように、花模様の可愛らしい帯や街着用のしゃれ帯を黒留袖に結ぶことはできません。そして、もうひとつ注意することは、帯びの結び方でしょう。二重太鼓は「文庫」や「ふくら雀」、「たて矢」などから見ると地味と感じて仕舞う方もあるかもしれません。ですが、年齢を重ねた女性ならではの「気品」や「落ち着き」などを醸し出す、帯びの結び方なのです。若いお母さんであっても、子供の卒園式などには二重太鼓が相応しいでしょう。