種類も豊富でオシャレな袋帯着こなし方

袋帯は着物を着る際にはなくてはならない小物のひとつで、幅約31センチ、長さ約4メートル30センチ以上のもので3種類ある帯の中で一番格が高く、フォーマルからカジュアルまで対応できる帯と言われています。模様や色の種類が豊富にありますので小物ではありますが時には着物をより美しく見せる為の主役のような存在になります。また色や素材で同じで着物でも何通りもの装いに変化させることができるので、着物よりも帯にこだわるという人もいます。代表的なものとしては金や銀の糸で織り込まれたものは結婚式などの礼装や正装に使われることが多く、控えめな柄や色が織り込まれたものはちょっとしたお出かけなどの訪問着や卒業式、入学式などの式に着る着物に使われることが多いです。

袋帯の柄の種類や年間を通して楽しめる柄の選び方について

袋帯には最初から最後まで全体的に柄がついている全通柄と、帯の中の六割ほどに柄がついている六通柄があります。全通柄は総柄や通し柄とも呼ばれることもあります。帯は着物を着る際に巻いて使用しますので着付けが完成した際に見えなくなる部分もあります。価格の面から見ると全通柄よりもお手頃になりますので六通柄が比較的購入しやすくポピュラーな種類の帯となります。帯を選ぶ際に色や柄で選ぶ人が多いですが、柄によっては季節を問わず着ることのできるものとそうでないものがありますので、まずは季節を問わずに着ることのできる柄から選んで使っていくことがお勧めです。人気のものとしてはおめでたい席にも人気の鶴、亀をはじめ、菊、雲七宝や唐草、牛車などの柄が一年を通して着ることのできる柄と言われています。

色の調和を帯で楽しむために気をつけること

柄の次は着物の色と帯の色の調和を学ぶことでよりいっそう袋帯の着こなしを楽しむことができます。最初は同系色で合わせてみることをお勧めします。色の濃淡がきれいにまとまっていると全体的により美しく着物と帯の両方を見せることができます。次は反対色を組み合わせて若さや友人などの集まりなのでも目を引く印象を与えることのできる個性的な着こなしをしてみることでより自分好み帯や自分に合う帯の色の組み合わせを知ることができます。この時に着物に織り込まれている柄の一部に近い色を帯びに合わせることも人気で個性的な色の帯を巻いていても着物の柄との統一感が出て全体的にまとまった印象を与えることができます。反対色でなかなか自分に合った組み合わせが見つからないという人に挑戦してほしい帯の色選びの方法のひとつです。