立場や訪問先に合わせた袋帯の種類の選び方

主に礼装用の着物によく使われる帯が、袋帯です。帯の種類の中で、格の高い帯といえます。フォーマルなイメージが強く、西陣や佐賀錦といった織り帯が一般的です。結婚式に親族として出席する場合などは、黒留袖に合わせて箔をふんだんに取り入れたものや吉祥文様など高級感のあるものを締めます。成人式などできる振袖などには、華やかでボリューム感のある帯が最適です。代わり結びなどができるよう、丈が長めのものを選ぶとよいでしょう。お茶会やパーティーなどそれほど気をはる場所ではない時は、礼装用ほど格式ばったものは必要なく、附下や訪問着にあう高級感が感じられる帯を選べば大丈夫です。普段から着られるおしゃれ着の小紋などには、簡単な柄付けの帯が着物とも良く合うでしょう。

いろいろな着物に活用できる袋帯の特徴

この帯は、舞妓さんなどが締めている丸帯を軽装化した帯といわれています。仕立て方法も表地と裏地を別々に織りあげた後で表地と裏地を縫い合わせている「縫い袋」という仕立てと袋状に織っていく「本袋」などの仕立て方があります。長さは、4m30cm以上で二重太鼓が結べる長さになっています。柄付けは、手先部分と胴回り一周分柄のある六通柄が主流です。この帯は一般的にフォーマルに使われることが多いですが、錦織りや紬織りなどのおしゃれ帯は遊び心のあるカジュアルな着物にあう帯です。その他にもレースを使った一風変わった帯や絞りを施した帯などいろいろな種類の帯を楽しむことができます。着物の雰囲気を変えてしまう帯の持つ演出力は、着物愛好家でなくとも和装を楽しむ大きなポイントだといえます。

主な袋帯の織り技法の種類について

この帯の生地をつくる技法には、錦織、綴織、唐織、佐賀錦、紗などの技法があります。錦織は、色とりどりの絹糸で織り上げる技法のことで、綴織は、独特の爪掻きと呼ばれる手法で織り上げます。唐織は、色糸に金糸銀糸を交えて絵模様を織り上げる織物です。佐賀錦というのは、金箔や銀箔を和紙に貼り細かく切った箔糸を経糸に絹糸を緯糸に織りあげます。紗の特徴は、一本ずつ緯糸をとり、強捻糸の経糸を二本ずつ絡ませて織り上げられた透け感のある点です。このように多種多様な織り方でつくられている袋帯は、それぞれ幅広く活用することができます。着物を引き立たせるアイテムとして、帯の存在は大きいものです。その帯の持つ特性を上手に活かし、和装の美しさをトータルで演出することは、着物を着るものにとっての楽しみだといえます。