袋帯の種類と名古屋帯との違いを説明

礼装用の着物などに使われる袋帯とは、丸帯が簡略化された形の帯です。丸帯は、幅70cm、長さ4m36cm以上の布地の幅を半分に折って縫い合わせた表裏が同じ柄の帯です。しかし、丸帯は、厚みがあり結ぶのが大変なことから簡略化されたこの帯が現在主流となっています。丸帯と違い裏側は無地になっているのが特徴です。格の高い柄の織り帯は礼装用で、軽い柄の染帯などはおしゃれ用などに結ばれることが多いです。名古屋帯は袋帯に比べ長さが短く、一般的にカジュアルな着物に結びます。長さは、一重太鼓が結べるくらいになっていて、軽くて結びやすい帯といえます。もともと名古屋が発祥の地であることからこの名前が付けられました。当初は染帯が主流でしたが、現在では金糸銀糸などを織り込んだ織り帯も作られています。

織り方で違う袋帯の仕立ての種類

この帯の仕立て方法には、縫い袋仕立て、片縫い袋仕立て、本袋仕立てがあります。縫い袋仕立てとは、表面と裏面を別々に織ってから両耳を縫い合わせ袋状にする仕立て方です。現在ではこの方法が最も一般的となっています。片縫い袋仕立てでは、表面と裏面を合せ16寸の幅に織り上げ、半分に折ってから片方だけを縫い合わせます。本袋仕立ては織りから筒状に作っていき、たれと手先の部分だけを縫い合わせる方法です。織りの技法による種類には、錦織、綴織、唐織、佐賀錦、紗などがあり着物に合わせて選ぶと良いでしょう。フォーマルな着物に結ぶ代表的な帯として、華やかできらびやかな柄は帯自体が芸術品のように美しく感じられます。もちろん、帯の素材などによってはカジュアルなものにも結ぶことができ、幅広く活用できる帯です。

帯の種類と合わせる着物について

黒留袖や色留袖、祝い事に向いているといわれる吉祥模様の訪問着や附下などに締める礼装用のものには、箔をふんだんに使ったものや吉祥模様が施された格式高い高級感のあるものが使われます。振袖用には、変わり結びがしやすいように少し長めの帯が良いでしょう。華やかでボリューム感のある模様で、振袖を引き立たせてくれます。少し高級感のある織りの帯は、正装用としても使われますがお茶会やパーティーなどの格式ばらない会合にも気楽に締めて行くことができる帯です。織り帯でも軽めの簡単な柄付けのものなら、小紋や附下、色無地など普段使いができる着物にあうでしょう。錦織のおしゃれ帯には、紬や小紋などのおしゃれ着物に良く合います。紬織りのおしゃれ帯なら、紬をおしゃれに着こなしたい時には最適の帯です。